日本反動層の反朝鮮・反総聯策動は高価な代償を払うことになる 朝鮮中央通信社論評

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

電話をかける